あなたにも楽しく彫れますヨ!

 

 

ハンコ作りは意外と簡単。

「篆刻とは」と難しく考えないで、ひらがなで「てんこく」あるいは

「楽しいハンコ」と考えて気軽にやってみましょう!

 

てんこく(篆刻)の手順

 

■印の種類

 

朱文

 

(文字が赤い)

 

 

白文

 

(文字が白い)

 


■最初に石を平(たいら)にする

  (この作業をしっかりしておかないと、彫った文字がはっきりと出ないので注意!)

 

 

平らな場所に

ペーパーを置いて、

円を描くように

1辺あたり

10回程度こする。

  

 

(ペーパー前)

四隅が

ぼやけている。

 

 

 

 

(ペーパー後)

四隅が

はっきりした。

 

 

 


 ■文字を彫る 

 

①デザインする

これに時間をかけよう!

 

 

 

 

 

 

 

②鏡に写して逆文字を石

に書き写す。

最初は慣れないから手ごわいが、時々書き写した文字を鏡に写して具合を確認。

自分でも感心する位の面白い文字が書けているかも。

 

③書き写し完了

 

 

 

 

 

 

 

 


④刀で文字をフチ取り。

⑤文字以外を取る

⑥文字を細くする


⑦完成!

 

文字の太さを変化させたり、文字を欠かして風情を演出


 

石への転記は下記の方法でもできます。

 

・石に朱墨を塗って毛筆で書く

 

・揮発性の液体を使って石に転写する

 

 

とりあえず安価なもので揃えよう!

 

ずいぶんいろいろな用具が必要であるが、

 

高額なものでなく安価なもので十分楽しめる。

 

書道用具の専門店等にたくさん置いてあり意外と安くで揃う。

 


 

 


 

 ①手鏡:

 文字を逆に書く必要があるので、鏡に映った文字を見ながら書く。

 また石に書いたものや彫ったものを確かめる。

 

 ②印材の石:

 おもに中国産5mm角程度から100mm角以上まで様々な大きさと硬軟の違う石がある。

 材質は「ろうせき」に似ている。10mm~30mm角程度をよく使う。

 

 ③ペーパー:

 彫る前に石の表面を平にする。

 また石に書いたり彫ったりした文字が気に入らない時にペーパーでこすってやり直せる。

 

 ④和紙:

 刻印のでき具合を和紙に時々押印して確かめたり、完成品を押印して印譜として残す。

 

 ⑤刀:

 篆刻用の刀。専門店で1000円程度からある。

 細いもの、太いもの、好みで選ぶ。

 

 ⑥鉛筆:

 石に逆文字を下書きする。

 

 ⑦歯ブラシ:

 印泥を付ける前に刻印した石の表面の粉を掃う。

 

 ⑧筆ペン:

 石に書いた下書きを筆ペンで線の太さに変化を付けて書く。

 

 ⑨印泥:

 一般に言われる「朱肉」とは似て非なるもの。

 印泥だけは中国産の品質のいいものを使おう。

 

 

 上記以外にあれば便利な用具類

 

 ⑩朱墨:

 ハンコに下絵を描くのに便利な赤い色の墨があれば便利。 

墨と朱が一対の硯  朱を塗って墨で書く

 

 ⑪ルーペ

  額に付ける「ルーペ」があれば細かい部分を彫る時に便利。

作業台に置くタイプでもよい

 

 ⑫印床(いんしょう)

 彫る時に印材の石を固定する台

印材の石を固定して彫れる

篆刻用の印材

よく使う石たち
右端の一番大きな石は40mm、左から6つ目の一番小さい石は5mm。
篆刻用の石材のほとんどはすべて中国産。日本や東南アジアでも産出するが少ない。
最近は中国でも石の質が落ちている。